低所得者が肥満体型な理由をご存知ですか?

低所得者=お金がない人=痩せ型というイメージを持っている方が多いと思いますが、それは一昔前の話です。現在の低所得者層が口に出来る食べ物は、価格が安くてカロリーが高く、栄養素が非常に少ない食べ物ばかりなのです。

ジャンクフード系を口にすることが多く、そしてそういう家の子供たちは、運動よりもテレビが好き。まぁ両親もそこまで細かく言いませんし…その結果、どんどん肥満方向に進んでいきます。

ジャンクフード

高収入者層はどうかと考えると、低所得者層よりも安全で健康的な食べ物を選び、運動もしっかり行なっています。人前に立って話す機会もあるので、自己鍛錬も怠らないという良いサイクルで生活を送っています。

あくまでも平均的なお話なので、そこに当てはまらない人もいると思いますが、大きく分けると上記のようになると思います。そう考えると、子供の体型はやはり親の責任ですね。カロリーだけが高い食品を食べていても、体に良いことはありません。

しかもそれは習慣化しやすく、その誘惑から抜け出せなくなります。つまり完全に悪いサイクルに陥ってしまいます。

ジャンクフード2

やはり普段、どんなものを口にするのか、どんなことに気を使うのかは、非常に大切なことです。体に良い物を食べることは当然ですし、そういう意識を持ち続けることも重要です。もちろん、たまの息抜きも非常に大切だと思いますが、息抜きだらけの食生活にならないように注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク