ウォーキングストリート −パタヤの夜−

パタヤといえば、『ウォーキングストリート』というくらい有名な所です。日々お祭り状態で大盛り上がりという情報を沢山見ていましたので、今回の旅でも非常に楽しみにしていた場所の1つです。しかし時間が早かったせいか、人はまばら…

今丁度、バンコクでデモが行われているので、その影響でタイへの渡航者が減っているという話を聞いていたので、その影響かなぁ~と少し寂しい気分になりましたが、それはそれでしかたがないことです。

ウォーキングストリート

どんなお店があるのか?端から端まで歩いてみましたが、まぁいわゆるネオン街です。ゴーゴーバーやビアバーと呼ばれる女性と話ができるお店や生演奏が楽しめるお店、クラブ…個人的にクラブ好きなので、小さな通りに5件ほどあったのは非常に嬉しいですね。

小一時間ほどウロウロして、とりあえず仕事をしにホテルに戻ることに…ちなみに私の旅の基本は、良く歩くことです。ホテルからウォーキングストリートまでは、30分くらい。往復1時間としてもそこで既に2時間以上も歩くことに‥(笑) お陰で道をよく覚えます。

えっ、ウォーキングストリートの説明は以上?ってあせらないでください。他のおじさん達とは違う視点でパタヤを満喫していますので、一味違った情報をこれから徐々に公開していきます。

ウォーキングストリート

そうそう南国のパタヤですが、この時期はヨーロッパからの旅行者が非常に多いです。しかもロシア人やウクライナ、それにウズベキスタン…寒い地域の人達がこぞって訪れていますので、ウォーキングストリートをただ歩いているだけでも非常に楽しいですよ。

スポンサーリンク